工場で働く人

離型剤はメヤニを抑制し製品をより良いものにすることができます

● SITEMAP ●

フッ素コートの離型剤は引火性がなく安全

綺麗な形に整った製品を作るときは、離型剤を使用します。離型剤は、シリコンやプラスチック、ゴムなどを金型で成形して製品として利用するときに使用します。製品製造の成型加工時に使う離型剤を選ぶときには注意点があります。おすすめは、フッ素コート剤が使われているものです。フッ素樹脂塗膜は、非粘着性のため、金型から成形したものを綺麗に取り外すことができます。
大量生産品を行う時に大変便利なので、離型剤も多くの量を使用することになります。離型剤を選ぶときは、含まれている溶剤を確認することが大切で、不燃性の性質を持っている物質が選ぶポイントになります。もし、引火性の物質を利用した場合は、法律の規定に従って危険物扱いになることがあります。離型剤の中でもフッ素コート剤の離型剤は、引火性の心配がありません。現場で使いやすいのは、不燃性の物質を利用した離型剤です。安全性が高く安心して使用することができます。
離型剤は、きれいに取りだせるだけでなく、メヤニ対策ができるものが理想です。メヤニができてしまうと製品の質が落ちてしまいます。見た目にも良くないため、きれいに仕上げられるフッ素コート剤の離型剤が人気です。
フッ素コートの離型剤は、成型品をフッ素コーティングする役目もあります。できた製品を守ることが可能です。より良い製品づくりを目指すためにも、引火性のないフッ素コートの離型剤がよく選ばれています。

● PRESS RELEASE ●

フッ素コートの離型剤は引火性がなく安全

綺麗な形に整った製品を作るときは、離型剤を使用します。離型剤は、シリコンやプラスチック、ゴムなどを金型で成形して製品として利用するときに使用します。製品製造の成型加工時に使う離型剤を選ぶときには注意点があります。おすすめは、フッ素コート剤が使われているものです。フッ素樹脂塗膜は、非粘着性のため…

▶ MORE...

離型剤とは?どのように使われる?

離型剤とは金型から成形されたものを取り出す際に取り出しやすくするものです。成形品は、金型に液体上の材料を流し込み、その中で固めることで作られます。ですが、それだけでは金型と中の成形品がくっついてしまいます。そういった事態にならないように、離型剤が使われます。離型剤はフッ素系、シリコン系、界面活…

▶ MORE...

離型剤によって高められるゴムやプラスチック製品の品質

製品を一定の形に形成する際には型取りが行われますが、その際に重要になるのが、金型から製品を取り出しやすくする離型剤の存在です。どんなに精密な金型があっても、形成した物をそこからスムーズに取り出すことができなければ、製品の表面に傷や欠けが生じ、品質の面で劣ったものしか製造できませんが、離型剤を使…

▶ MORE...

離型剤の性質を理解し最適なものを選ぼう!

離型剤は、金型などへの材料の付着やメヤニの防止に使用されますが、一口に「離型剤」と言っても様々なタイプがあります。離型剤の購入前に、考慮すべきポイントをいくつか見てみましょう。離型剤には何を求めていますか?もちろん、文字通り「型から離す」性質は譲れない条件ですが、タイプによって…

▶ MORE...

TOP