工場で働く人

離型剤はメヤニを抑制し製品をより良いものにすることができます

● SITEMAP ●

刷毛やスプレーで塗布できる離型剤はメヤニができるのを抑制します

工場の機械

ゴムやプラスチックなどの製品の製造の工程で、設計通りに成形することは重要です。製品の良さが決まるため、成形用の金型に使用する離型剤選びは慎重になります。離型剤の種類は多いのですが、性能や使いやすさを考えるとフッ素コーティングできる離型剤を使うのがおすすめです。
離型剤を塗布すると、金型の表面にフッ素樹脂の塗膜が形成され、メヤニを抑制することができます。ゴムやプラスチックの成形でも、変形することなく金型から外すことができます。押出成形品の外観不良はメヤニが原因です。材料の取り出し口の堆積によってメヤニは起こりますが、これも離型剤で抑制することができます。
離型剤は一度塗ると長持ちしますが、大量生産を目的として製品を成形するときにも使われています。途中で離型剤の性能が落ちてくることがあります。離型剤は再塗布が可能です。再塗布すると、性能が最初に塗った時のように再び復活し、メヤニを抑制することができます。刷毛やスプレー等で塗れるため、作業中でも手軽に離型剤を上塗りすることができます。再塗布しても室温で乾燥できるので、短時間で作業を再開させることができます。
フッ素コートの離型剤は、設計通りの成形ができることと、塗布方法が簡単なので製造業では大変人気があります。

主成分がフッ素コート剤の離型剤でメヤニを抑制します

主成分がフッ素コート剤の離型剤の特徴や効果は、離型性と利便性に優れているため離型剤として広く使われています。
キッチンアイテムや子供のおもちゃ、カー用品など、シリコンやゴム、プラスチック製の製品をよく見かけます。プラスチック製品はきれいに成形されており丈夫です。これらの製品を作るときには、金型を用いて素材を成形する過程で離型剤が使われています。製品は形になることで商品としての価値が出てきたり、実用的なものになります。
フッ素コート剤の離型剤は、金型から取りだしやすくするために用います。それによりメヤニを抑制することができます。離型剤には様々なタイプのものがありますが、中でも離型性能が高く人気があるのがフッ素コート剤を使用したものです。フッ素樹脂塗膜が、製品のすべりを良くし、メヤニも抑制します。成形後に金型から取り出しやすく、金型にも残らないので繰り返し成形作業を行えます。
フッ素コート剤の離型剤は、取り出した製品に薄く付着しフッ素コーティングします。べたべたしないので、離型剤を洗い流す必要はありません。製品をフッ素樹脂塗膜が覆うことで、汚れにくく表面が滑らかに仕上がります。
成形作業では、成形後取り出したときに、金型の出口に素材が溜まってメヤニが発生することがあります。この部分にも離型剤を使用すると効果を発揮し、メヤニの抑制が可能になります。

ゴムなどの様に引っ付きやすい素材にも使えてメヤニを抑制する離型剤

ゴムやプラスチックを使用した製品を作るときには、離型剤の存在が質の良い製品づくりに大きな役割をします。ゴムやプラスチックは成形が難しいのですが、離型剤を使用することでを、メヤニを抑制し、金型に素材を流し込んで成形後にきれいに取り出すことができるようになります。フッ素系の離型剤は、非粘着性です。ゴムやプラスチックの様に引っ付きやすい素材に対しても、優れた離型性が魅力です。
フッ素系の離型剤は塗布性に優れており、薄い均一な離型膜を形成し離型できます。油膜が薄いので、金型通りに精密に成形にできるので、精密部品を作るときにも使用することが可能です。金型から取り出すと、金型の周りに堆積した素材がメヤニとなって付着することがあります。離型剤はメヤニを抑制できるので、成形品をきれいに剥がせます。
離型膜は乾燥しやすく、乾燥してから使用するため成形品への転移は少なくなります。成形品はフッ素コーティングされるので、表面は平滑に仕上がります。転移した少量の離型膜は、撥油性や防汚性を備えています。成形品は、そのまま使用することができます。
綺麗に成形できることから、耐汚染性に優れ、金型にゴムやプラスチックが残らず汚れが少ないのが特徴です。洗浄する回数を減らせるので作業効率がさらに向上します。フッ素系は、シリコーン系やワックス系の離型剤より効果が長持ちすることもよく使われている理由です。離型剤でメヤニを抑制し、作業効率を上げることができます。

● PRESS RELEASE ●

フッ素コートの離型剤は引火性がなく安全

綺麗な形に整った製品を作るときは、離型剤を使用します。離型剤は、シリコンやプラスチック、ゴムなどを金型で成形して製品として利用するときに使用します。製品製造の成型加工時に使う離型剤を選ぶときには注意点があります。おすすめは、フッ素コート剤が使われているものです。フッ素樹脂塗膜は、非粘着性のため…

▶ MORE...

離型剤とは?どのように使われる?

離型剤とは金型から成形されたものを取り出す際に取り出しやすくするものです。成形品は、金型に液体上の材料を流し込み、その中で固めることで作られます。ですが、それだけでは金型と中の成形品がくっついてしまいます。そういった事態にならないように、離型剤が使われます。離型剤はフッ素系、シリコン系、界面活…

▶ MORE...

離型剤によって高められるゴムやプラスチック製品の品質

製品を一定の形に形成する際には型取りが行われますが、その際に重要になるのが、金型から製品を取り出しやすくする離型剤の存在です。どんなに精密な金型があっても、形成した物をそこからスムーズに取り出すことができなければ、製品の表面に傷や欠けが生じ、品質の面で劣ったものしか製造できませんが、離型剤を使…

▶ MORE...

離型剤の性質を理解し最適なものを選ぼう!

離型剤は、金型などへの材料の付着やメヤニの防止に使用されますが、一口に「離型剤」と言っても様々なタイプがあります。離型剤の購入前に、考慮すべきポイントをいくつか見てみましょう。離型剤には何を求めていますか?もちろん、文字通り「型から離す」性質は譲れない条件ですが、タイプによって…

▶ MORE...

TOP